伊都郡かつらぎ町天野の里

歴史ロマンと信仰の里

かつらぎ町天野 中之沢明神
天野の史跡マップへもどる
Copyright (C) 2010 copyrights.katsuragi-kanko All Rights Reserved
・サイトポリシー
・HOME
かつらぎ町観光協会
 
かつらぎ町観光協会
 

Copyright (C) 2010 copyrights.katsuragi-kanko All Rights Reserved

奥之沢明神
柳沢明神
かつらぎ町天野 柳沢明神
かつらぎ町天野 柳沢明神
かつらぎ町天野 柳沢明神
ここは、丹生明神が初めて天野に入った所と伝えられています。

丹生告門(にうのりと)は、和銅三年(710年)に書かれましたが、

それには丹生明神が、三谷の岩口の滝の神として
現れ大和方面より九度山、古沢を通り小都知の峯
(山頂)よりここに降りてきたといいます。

その後、紀伊の北部を巡り、今の神社の地に祀られたと
記されています。

かつらぎ町天野 奥之沢明神
天野の史跡マップへもどる
中之沢明神
天野の里では、丹生明神と高野明神が、
奥之沢・中之沢・柳沢で祀られているので
三沢明神(さんさわみょうじん)と言われています。
中之沢明神あたりは、鎌倉時代より人家が多く建ち、
天野社の郷供僧(さとぐそう)や宮仕(みやし)が住み、
この明神社も維持されたことが中之沢文書に見られます。
ここは、高野明神(狩場明神)が天野・志賀を巡り
二ッ鳥居より天野へ場所とされています。
かつらぎ町天野 中之沢明神
かつらぎ町天野 中之沢明神
かつらぎ町天野 中之沢明神
丹生都比売神社の東側に案内板があります
凛とした杉木立の中に中之沢明神があります
天野の史跡マップへもどる
むかし、この地に大きな柳があり、柳沢と呼ばれていました。
この神社の宮仕えの家に伝わる古文書に、
狩場明神が、一の滝不動あたりで空海と会い、ここに案内し
丹生明神と会わせたと記されています。

したがってここは空海と丹生明神が話しあった場所と
伝えられています。

高野山より堅義の神として大切にされてきました。

かつらぎ町天野 柳沢明神
この鳥居は高野山から寄進されました
かつらぎ町天野 奥之沢明神
かつらぎ町天野 奥之沢明神
かつらぎ町天野 奥之沢明神
丹生都比売神社の西側、民家の横をすすみます
途中、古峠へ続く山道があります
一の滝不動
空海と狩場明神が初めて出会った所で、
後に葛城修験の行場となりました。

一の滝は天野の下位というありまが、そこには
今でも一の滝不動を祀っています。

かつらぎ町天野 一の滝不動
天野の史跡マップへもどる